眼精疲労は育毛対策にマイナスになる

頭皮の環境を改善するために育毛剤やシャンプーで頭皮を清潔に心がけて生活をするようにしています。

この状況をづけていれば、抜け毛は次第に減ってくると考えていますが、現在は様子見の状態が続いています。

ここで気になる情報を見つけたのです。

どうやら、髪の毛が抜けてしまう要因の一つに、パソコンやテレビなどを長時間見ている事が影響しているということなのです。

つまり、眼精疲労の状態を長時間続けていると、目の周りの毛細血管が酸欠状態になってしまうのです。

スマホやタブレットなどを長時間触っていると、目の奥が痛くなるような感覚があります。

これは目を酷使しすぎて必要な酸素が供給出来ていない状態なのです。

目薬を入れて暫く目をつぶっていると緩和されてきますが、この時がゆっくりと血流量が戻ってきた状態なのです。

これが、どのようにして髪の毛に影響するかというと、育毛剤を使っていて求められる効能は、頭皮の毛細血管の血流量を増大させる効果です。

つまり血流の流れを増やすと言うことは、栄養成分を十分に供給するという考え方と、細胞が生きていくために欠かせない酸素を供給するのです。

その働きが眼精疲労によって阻害されてしまい、頭皮の毛根の細胞が上手く働く事ができない状態に陥ってしまうのです。

この状態を続けると、抜け毛がいつまでも減らないという事態が考えられるのです。

スカルプシャンプーランキングサイト=>【効果なし?スカルプDが1位